【子供の歯周病】子供の約半数は歯周病予備軍?小さいうちから始める歯周病予防

歯周病ディクショナリ - 歯周病の予防と対策/治療方法
トップへ戻る

東京インプラントGuidanceは歯を全て失った患者様でも治療できるオールオン4インプラントの治療も可能です。インプラント治療についてお聞きしたい方はお気軽にお問い合わせください。

【子供の歯周病】

子供の約半数が歯肉炎に悩まされている

歯周病は子供でもかかってしまうことがあります。歯周病というと大人の病気というイメージがあるかもしれませんが、実は子供の約半数が前段階である歯肉炎に悩まされているという調査結果があります。原因としてはブラッシング、食生活、歯並びなどいろいろと考えられます。

重篤な状態へと進行することはほぼあり得ませんが、ケアをせずに放置すればするほど悪化してしまい、将来的に影響がでてしまうでしょう。お子様の健康的な歯を守るために、親御さんが注意してあげてください。

子供だって歯周病になります

厚生労働省の平成17年の調査によると5~9歳の約4割、10~14歳の約5割の子供が歯周病の前段階である歯肉炎にかかっているということが報告されています。

未熟なブラッシング技術、発育途上における歯並びの悪さ、大好きな甘いものの摂取などが原因で大人と同じかそれ以上に口内環境は悪化しやすくなっています。

子供の歯周病の原因は?

不十分なブラッシングによるプラークの残留が歯周病の原因となるのは周知の通りですが、子供の場合は特に歯みがきに気を使わなくてはいけません。

成長段階において、永久歯に生え替わる時期などは歯並びが悪くなりがちですから、磨き残しやすくなっています。お子様ご自身のスキル不足も相乗効果となってしまって、口内環境としては望ましくない状態になってしまうのです。

子供の歯周病予防、ブラッシングのポイント

お子さんの歯周病予防で何よりも大切なのはブラッシングです。子供だけに磨かせるのではなく、親御さんのチェックも重要となってきます。子供の歯周病予防のポイントをまとめましたのでご確認ください。

歯みがきの習慣づけ

毎食後は必ず歯みがきをするという習慣を小さいうちからつけてあげるようにしましょう。親御さんが率先して歯みがきをしていれば、自然とお子さんも興味を持って真似をしてきます。親は子供の鏡であるということを意識しましょう。

正しいブラッシングの方法を教える

歯ブラシの持ち方や磨き方のコツなど、小さいうちから覚えさせてあげてください。まずは親御さんが歯科でブラッシング指導を受け、正しい知識を身につけましょう。当院でももちろん行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

仕上げみがきを徹底する

お子さん自身の歯みがきでは、スキル的にどうしてもプラーク除去に限界があります。特に歯並びが安定していない子供のころは細かい部分など親御さんが仕上げみがきをしてあげてください。イヤがる子もいますが、終わった後に褒めてあげるなどのフォローをしていけば徐々に習慣化されていくはずです。

子供の歯を守るのは親の務めです

親御さんにとってお子さんは絶対的な宝物です。大切に育てたい、将来に苦労をさせたくないみなさんそう思っていることでしょう。子供が大人になってから歯周病で悩むことがないように、今のうちから予防歯科に取り組んでいきましょう。

歯みがきはもちろん、生活習慣の改善などを親御さんも一緒に行っていってください。親は子供の鏡ですから、節度ある生活をしていればお子さんもきっと真似してくれるはずです。子供の歯を守るのは親の務め、それを心に銘じておきましょう。

当院では子供の予防歯科にも力を入れていますので、定期検診などお気軽にご相談ください。お子様の歯を一緒に守っていきましょう。

  • 歯周病ディクショナリトップへ
  • 歯周病の症状
  • 歯周病の治療
  • 歯周病の原因
  • 歯周病の予防
  • 子供の歯周病
  • 女性・妊婦さんの歯周病
  • 歯周病が口臭を悪化させる
  • タバコと歯周病
  • 歯周病と全身疾患