【歯周病の症状】大切な歯を守るために知っておきたい歯周病の症状

歯周病ディクショナリ - 歯周病の予防と対策/治療方法
トップへ戻る

東京インプラントGuidanceはインプラント手術だけではなく手術後のメンテナンスなど患者様がいつまでも健康でいれるように口腔内のサポートを致します。

【歯周病の症状】

日本人の8割が歯周病で歯を失っている

歯周病は日本人が歯を失う原因の一番の原因となっています。いつまでも自分の歯で美味しくご飯を食べたい、誰もがそう思っていることでしょう。虫歯予防のために歯みがきをしたり歯医者に通ったりなどしている人もいらっしゃるはずです。しかし意外と歯周病というのはみなさんあまり気にかけていません。実は現代の日本人のおよそ8割が放置した歯周病が原因で歯を失っているのです。

10億個もの細菌が歯周病を引き起こす

口の中にはおよそ500種類くらいの細菌が住みついています。それぞれいろいろな役割を持っているのですが、中には歯や口内に悪影響を及ぼすものも存在しているのです。不十分なブラッシングによって残ってしまったプラークの内部には10億個もの細菌が潜んでいて虫歯はもちろん、特に歯周病を引き起こす歯周病菌がたくさん隠れています。

恐ろしい歯周病の症状とは

歯周病は初期段階において痛みなどが出ることがほとんどないために、気が付いたらかなり進行しているということが珍しくありません。健康的な歯肉から炎症を起こした歯肉炎になり、悪化すると歯周炎にまで発展していってしまいます。進行の具合によってどのような症状が出てしまうのかを知っておきましょう。

健康な歯肉の場合

歯肉がピンク色で引き締まっていて弾力がある状態です。ブラッシングで出血することはありません。

歯肉炎

歯肉の色がやや濃い目の赤黒い状態になります。一見すると判別はしにくいのですが、健康な状態に比べて歯間の歯肉が炎症を起こしてしまうために丸くなり膨らみを帯びています。痛みなどはほとんどありませんが、ブラッシングをすると出血をしてしまうようになります。腫れてしまった歯肉と歯の隙間にプラークが溜まりやすくなり、歯周病を悪化させやすい環境です。

歯周炎

歯肉が歯肉炎の時に比べて大きく腫れてしまいます。ブラッシングをすると出血だけでなく、口臭の原因ともなる膿が出るようになるでしょう。腫れた歯肉のせいで広がった歯間や深くなった歯周ポケットに食べかすやプラークが詰まりやすくなってしまっています。最悪の場合は歯槽骨が溶けてしまい、歯が抜け落ちるというケースもあります。

歯肉炎の状態であれば初期段階ですので治療も困難ではありません。しかし歯周炎まで進行してしまうと痛みも強くなり、歯が痒い・グラグラする・臭いがするといった様々な口内トラブルを引き起こす状態になってしまいます。治療も長期にわたりますので患者にとってはデメリットの大きい状態と言えます。

初期症状を見逃さずに早期の治療を

歯周病は日本人にとって最も恐ろしいお口の病気です。いくつになっても自分の歯で美味しく食事をしたい、そう思うのならば早めの治療が大切です。歯茎の腫れや出血といった初期症状を見逃さずに、歯科医院へ足を運びましょう。当院では治療はもちろん、歯周病予防のためのブラッシングや対策について細かくご指導させていただきます。お気軽にお立ち寄りください。

  • 歯周病ディクショナリトップへ
  • 歯周病の症状
  • 歯周病の治療
  • 歯周病の原因
  • 歯周病の予防
  • 子供の歯周病
  • 女性・妊婦さんの歯周病
  • 歯周病が口臭を悪化させる
  • タバコと歯周病
  • 歯周病と全身疾患